読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「観戦するパワプロ」という提案

賭博があったり円陣があったりもしたけれど、プロ野球は大盛況だ。

そしてもうすぐ1年の間を開けて「実況!パワフルプロ野球」が発売される。

 

実況パワフルプロ野球とは、デフォルメされたキャラクターが野球をする

日本で一番有名な野球ゲームと言ってもいいゲームである

選手は実名で、能力も毎年成績に応じて変わる

f:id:yuta-at6pm:20160426074410p:plain

驚くべきことに彼は膝がないし、手もドラえもんなので少なくとも賭博に手を染めそうにない。

 

野球ファンにはこのゲームは大好評で、

選手を操作して優劣を競う「対戦」はもちろん

疑似的にプロ野球シーズンを過ごす「ペナント」

 プロ野球選手を目指して頑張るADV「サクセス」

 一人のプロ選手になりきり野球人生を体験する「マイライフ」等々

多彩なモードが充実している。野球ファンならこれ一本で数年は余裕で遊べるヴォリュームである

何よりゲームなので賭博がない。

 

僕はそんなパワプロのもう一つの遊び方を提唱したい。それは「監督対戦」だ。

 

パーティゲームとしての「パワプロ

 

この監督対戦とは、端的に言うと

数人が集まってランダムでチームを作り、トレードを経て、対戦「させる」という遊び方である。

 

やり方を詳しく説明しよう。

 

1.まず、野球好きの人間を数人集める。

この遊び方は、パーティーゲームとしての遊び方なのでまず人数が必要だ。

最小でも3人いればいい。多くて5人くらいか。正直この人数を集めるのが一番難しい。

 

2.スマホを2台用意する。

まぁ数人集まればスマホ2台などすぐに集まるだろう。

できれば彼女持ちのスマホは除外すべきだ。

「会いたいよぉ」みたいなライン通知で嫌な思いをする羽目になるから。

 

3.適当な乱数生成アプリをそれぞれに入れて、抽選をする。

その2台のスマホそれぞれに乱数生成アプリを入れる。

そしてパワプロを起動し、抽選してチームを作るのだ。

パワプロはいつのやつでもいい。

12球団に投手なら18人、野手なら22人選手がいるので

一方を1~12、もう片方を投手なら1~18、野手なら1~22が出るように設定する。

そうすると全登録選手から一人を選ぶ抽選をすることができる。

 

4.抽選してチームを作る

おススメは野手12人、投手6名ずつを抽選で決めることだ。残りは控えに放り込んで出さなければいい。

人数分のチームを作り、それぞれに割り当てよう。

君はそのチームの監督兼オーナーである。

正直このゲームの面白さの7割はここである。

 

5.トレードタイム

ここからはお楽しみ、トレードタイムだ。

ポジションの偏りもあるだろう。投手が極端に弱い場合もあるだろう。

トレードするかしないかはあなた次第だ。ここでめちゃくちゃ性格が出る。

戦力補強のためWIN-WINの提案をするもよし、ポジション足りてない奴にシャークトレードを吹っ掛けるのもあなたの自由だ。

 

6。そして試合!

トレードが終わったら、試合が始まる。2P対戦にして、監督以外をオートにしよう。

CPUはつよいがおススメだ!。

野球とは筋書のないドラマである。さらにこれは短期決戦だ。

強いチームを作れたやつが勝てるとは限らない。采配のミスも結構影響する。

 

総当たりでやったら結構長い間楽しめる。酒でも飲みながら君も友達誘ってやってみないか?

 

ちなみに僕たちは昼飯や晩飯を賭けてやっているぞ。

って俺らも結局賭博してんじゃねーか

 

(ちなみに昼飯や晩飯といった一時的な娯楽に対する賭けは賭博罪にはなりません。現金はだめだよ!)